みんなでたのしくゲームやデジタル絵本を作ろう!

point-title.gifスクラッチ(Scratch)とは

scratch.gifスクラッチ(Scratch)はスクイーク(Squeak Etoys)をベースにMITで開発された小学生にも使える教育用のプログラミング環境です。

スクラッチ(Scratch)とスクイーク(Squeak Etoys)は兄弟みたいなものですが、Scratchは視覚的にわかりやすいプログラミングができるため、プログラミングの入門編に向いているといわれています。


プログラミングの基礎を学ぶことで、論理的思考能力や問題解決力を鍛えましょう!
詳しくは、オフィシャルサイトLinkIconをご覧ください。
スクラッチのダウンロードはこちらからどうぞ。LinkIconダウンロード

ワークショップでも活用している教材「スクラッチカード(Scratch Cards)」を公開しています。LinkIcon教材のダウンロード



point-title.gifスクラッチ(Scratch)の特徴

アランケイ博士が作ったオブジェクト指向プログラミング言語「スクイーク(Squeak Etoys)」をベースにしているので、スクイークのよさを生かしつつ、より使いやすくするための様々な工夫がされています。

さすがMITメディアラボが開発しただけあってカチッとした作りになっていますし、また、オフィシャルサイトLinkIconには作品の共有ができるSNSのような場が用意されているのも人気の秘密のひとつでしょう。

実際に使ってみるとアランケイ博士が言っていた「コンピュータの本来あるべき姿」について改めて考えさせられます。
スクイーク(Squeak Etoys)やスクラッチ(Scratch)を通して本当の意味での「コンピュータリテラシー」を身につけた今の子供達がどんな未来を作っていくのか、本当にたのしみです。

point-title.gifワークショップの模様

kpcホームページ.jpg
科学技術館 キッズプログラミング倶楽部

LinkIcon作品をみる

LinkIcon参加者募集のお知らせ






過去のワークショップ

1.jpg
2010年5月22日(土)
デジタルハリウッド大学(秋葉原)
「Scratchでつくろう!」

LinkIcon作品をみる


2.jpg
2010年3月14日(日)
デジタルハリウッド大学(秋葉原)
「パソコンで生き物をデザインしよう!」

LinkIcon作品をみる


3.jpg
2009年4月19日(日)
デジタルハリウッド大学(秋葉原)
「はじめてのスクラッチ(Scratch)プログラミング入門」

LinkIcon作品をみる


4.jpg
2008年12月20日(土曜日)
デジタルハリウッド大学(秋葉原)
プログラミング入門「スクラッチ(Scratch)でアニメーションを作ろう!」」

LinkIcon作品をみる

教育機関の皆様へ

Squeak EtoysやScratchなどの教育用フリーソフトを利用した子ども向けパソコン教室(ICTワークショップ)を開催してみませんか?LinkIcon詳しくはこちら


PR