みんなでたのしくプログラミング!

スクラッチ(Scratch)のダウンロード

スクラッチ(Scratch)は無料で使えるフリーソフトです
ダウンロードはオフィシャルサイトからどうぞ。 オフィシャルサイトLinkIcon


スクラッチ(Scratch)の使い方

スクラッチ(Scratch)の使い方はとても簡単です。
使い方を確認するための教材「スクラッチカード(Scratch Cards)」をダウンロードしてください。



全部で12枚のスクラッチカードが用意されており、プログラムのサンプルを確認できます。12枚すべてのカードを確認したら、自分なりのオリジナル作品づくりにもチャレンジしましょう。


見開き1ページで、絵の動きとプログラムのコードを確認することができます。


この「スクラッチカード」はオフィシャルサイトで公開されている英語版をベースに有志のボランティアが日本語化したものを、A4見開きで印刷できるように加工したものです。オフィシャルサイトで公開されているスクラッチカードのポリシーに従って自由にご利用いただくことができます。(一部、英語の表現がそのまま残っている部分もありますが、ご容赦ください。)


ワークショップでの活用

教材「スクラッチカード(Scratch Cards)」を使えば、いますぐスクラッチ(Scratch)を利用したプログラミング・ワークショップを開催することができます。
指導者にとってのスクラッチ(Scratch)の大きな魅力のひとつは「教えやすさ」にもあります。ぜひ、日本全国のパソコンがある教室で、スクラッチ(Scratch)を活用した子ども向けワークショップの開催をご検討ください。

対象者:小学生~中学生
人数:10~20人
時間:3~4時間
必要なもの:パソコン、スクラッチカード(Scratch Cards)
指導者:講師&アシスタント 1名~数名

(1)ワークショップの準備
スクラッチカード(Scratch Cards)を人数分印刷しておきます。
あるいは、2~3部印刷して全員で共有(必要なカードだけ自分の手元で利用)することもできます。その場合には目次(1ページ目)のみ人数分印刷しておきます。共有するカードを1枚ずつハードタイプのクリアケースに入れておくと何度も再利用できるので便利です。

(2)ワークショップの内容
・絵の描き方や作品の保存の仕方などについて説明。(10~15分)
・各自スクラッチカード(Scratch Cards)に書かれたサンプルを作ってプログラムの動きを確認。(30~60分)
・12枚全てのカードを完成した人から、オリジナル作品を制作。(30分~60分)
・作品の発表。(15~30分)

もちろん、アイディアと工夫次第でもっとたのしいワークショップを企画することもできます。ワークショップやスクラッチカード(Scratch Cards)についてのご意見・ご感想をお待ちしております。

教育機関の皆様へ

スクラッチ(Scratch)やタートルズ(turtles)などのフリーソフトを利用した子ども向けプログラミング教室を開催してみませんか?LinkIcon詳しくはこちら

  

ホームポジションの練習


プログラミング入門
タートルグラフィックス

PR